About us

 

わたしたちは、食を切り口とした関係性のデザインに着目し、地域課題の解決や新たな価値創出に取り組みます。

 

フードデザイナーの必要性 ~クロス・セクターによる食の問題の解決~

私たちのライフスタイルが多様になるほど食に関わる問題も複雑化してきました。農業、こどもの食、高齢者の食、栄養、食料自給率、食文化の伝承、生活者や市場と作り手の関係性… あらゆる専門家が問題解決を試みても、解決が難しいのはなぜでしょうか。
食の問題は一つの専門領域だけでは捉えることが難しく、課題解決のためには、関わり合う多くのステークホルダーを意識的に巻き込みながら領域横断的に課題に取り組むことが求められています。そのためにも、様々な専門家が互いの領域を認め合い、消費者も含め多様な立場にある人々の恊働を促し、課題解決に向けた取組を推進する“領域を超えたコーディネーター”すなわち、フードデザイナーが担うべき役割があるとわたしたちは考えます。

フードは風土?コミュニティに必要なのは外からの追い風
風と土と書く「風土」という言葉のように、地域をつくるには、その土地を静かに守る土の存在と、土地から土地へと渡り、つないでいく風の存在が必要不可欠であるといわれます。
フードデザイナーは、地域の中で暮らす方々だけでは捉えにくい”その土地の個性や魅力、そして地域が抱える課題”について、外部者の視点を活かしながら地域の方々と共に見つめ直し、地域の方々と一緒に”埋もれている土地の魅力やアイデンティティを「食」という切り口から掘り起こし、地域資源の活用方策を共に考え実践する”伴走者としての役割を担います。

地域(生産者)と都市部(消費者)相互に起こすインパクト
生産者と都市生活者をつなぐ中で 都市部と農村域の双方にとって価値ある関係性をデザインすることを念頭に、一方の立場だけでは解決が図りづらい食の問題解決に取り組む「地域支援事業」を展開しています。また、都市部においては「食」が持っている“豊かさを作り出す力”を活かし、個人から家族、ひいては社会全体へ”食を通じたまなび”を普及するためにワークショップやイベントを手段とした「フードラーニング」にも積極的に取り組んでいます。地域支援とフードラーニングを両輪として、複合的に起こっている食の社会問題解決の糸口を見つけ実践に取り組みます。

フードデザイナーのネットワークによって加速する地域活性化
私達は様々な地域で「食のデザイン」を通じ人やまちを元気にしていくフードデザイナーたちを支援します。
フードデザイナーをネットワーク化することで、地域が抱えている課題や先進事例をより多くの人と共有することを可能とし、ノウハウの蓄積や交流を通じ全国的な地域課題に対する取組みのボトムアップに貢献できるものと考えます。
また、地域においてフードデザイナーが果たせる可能性や役割についても明確にし、地域を活動拠点としながら積極的に都市部を巻き込むことができる人材の育成に取り組むことも重要であると考えます。これらの取組の中で、我々は次世代のフードデザイナーへ活動の場を創出するとともに、これからの日本社会が長期にわたって人とまちの活性を維持する循環が生み出せるよう、変革の牽引を目指します。