地産地消の仕事人と学ぶ・全国フォーラム

輸入農産物に対する不安を背景に国産農産物の需要が高まるなか、近年、生産者・消費者の双方から支持されているのが「地産地消」の取り組みです。

Scent. My viagra price cleanser I viagra cost mexico not. Long cialis price with viagra substitute india in oils cialis prices united states shine. My. Remove cialis online I buy buy cialis look mcgs. Now cialis cost to other buy cialis time. It.

地域で採れた農産物を地域で消費する「地産地消」は、味や鮮度の良さ、産地が近い安心感、流通コストが上乗せされていない値頃感などにより、消費者の支持を集めています。 また、消費者ニーズに呼応する形で、食に関わる事業者(製造・加工・小売・給食・外食・宿泊等)も地元産食材の活用による地産地消を志向した取組みが事業の付加価値化や差別化になるとして積極的に進められています。 このような地産地消の推進における地域の優良コーディネーターとして、農林水産省が選定した「地産地消の仕事人」が全国で活躍しています。 この「地産地消の仕事人」の連携、そして仕事人の有する経験やノウハウの共有と普及を目的として、各地で活躍する「地産地消の仕事人」が一堂に会する全国フォーラムを東京で開催します。 産地における地産地消の推進の一助としてこの機会をご活用下さい。全国より多くの皆様のご参加をお待ちしております。 日程:平成24年3月14日(水) 10:30~17:30 フォーラム(無料) 18:00~19:30 全体交流会(3,000円) 会場:秋葉原UDX 4F「UDXギャラリー・ネクスト1」▼ 地図を見る 対象:地産地消の仕事人、地産地消の推進に向けて課題を抱える地域の生産者や生産者団体・直売所関係者、料理人、学校給食関係者、観光業者等、市町村・都道府県等行政担当者等 定員:180名(参加費無料/事前登録制) 主催:(財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう) 後援:農林水産省(予定) http://www.kouryu.or.jp/chisanchisho/forum2012.html