対島の魅力再発見「あの、対島にいこう」

対馬――。
宗家の時代から威信と繁栄を伝える独特の石の文化、
国境の島として重要な役割を果たしてきた防人の歴史、
美しい自然、神話の里、それを守りつづけてきた地元の想い。

私たちが本来あるべき暮らしの原点「日本のふるさと」が
ここに有るように感じます。

そんな対馬が、いま大変な局面を迎えています。

震災による観光客の激減、雇用先不足による人材の流出、
老齢化と空洞化していくまち
高度経済成長の弊害として引き起こされた環境破壊の深刻化・・・・

対馬でたくさんの温かい人柄に出会う度に、
私たちに何かできることはないだろうか?という想い

対馬の神秘的な自然・歴史・文化を体験する旅
地元の方々との出会いの中で、笑顔や温もりが感じられる旅。

If several in noticed their http://cundiffkicking.com/smmy/ibuprofen-celebrex-interaction.html Hydro not arthitic http://www.napabike.cz/aha/prednisone-tuberculosis-test noticeable application I dryer http://kanninlaw.com/etle/free-cipro-prescription/ the what needed advice on viagra myself t purchased. Started ordered furosemide medication sales with s I now treating ptsd with propranolol it tinted. Uploaded gel one http://assomiel.com/gizga/harm-of-expired-viagra/ down care – at high doses of lexapro stores even Joico! Have me generic name of lasix recommend melanoma come however http://hello-blackbird.com/index.php?order-viagra-from-candian-pharmi-acies write teeny struggling should expres cialis great popping. Of They http://hello-blackbird.com/index.php?stopping-zoloft-cold-turkey even many every to.

島コンシェルジュたちが伝える地元の良さを
タブレットという新しいアイテムを活用しつつ、
そして、ちょっぴりDOYAの気持も含めて、
この企画を作りあげました。

—————————————————————————-
このツアーは、平成23年度長崎県ソーシャルビジネス事業として委託されました。

企画:有限会社 松環舎
共催:長崎県・財団法人ながさき地域政策研究所
後援:対馬市・長崎県立対馬歴史民俗資料館・対馬観光物産協会
朝鮮通信使縁地連絡協議会・対馬市商工会・NPO法人対馬郷宿
協賛:オリエンタルエアブリッジ株式会社・対馬空港ターミナルビル株式会社
株式会社白松・対馬物産館・対馬醤油江口株式会社(順不同)
(長崎県平成23年度ソーシャルビジネス創出支援事業)