4/12 食を通じて東北の情熱を知るラーニングイベント

※お問い合わせは主催者へお願いいたします。

震災から2年が経過しました。

復興はこれからが正念場と言われます。果たしてわたしたちは何を学ぶべきでしょう、そして何ができるのでしょうか?

石巻に魚の白身とお豆腐を練って揚げた「おとうふあげ」を創る高橋徳治商店という会社があります。無添加に徹底的にこだわり、味もとことん追求、そして何より食べた人の笑顔や幸せを願う高橋英雄社長が作るからこそ食べた瞬間に包まれる何かがある。

そんな不思議な商品です。

高橋徳治商店さんも2工場が全壊、1工場も2階まで泥をかぶり全国からのボランティアの力によって奇跡の1ラインを復活させることができました。
この夏に東松島での新工場も稼働しますが、震災時の在庫の流出、新工場の建設費などで借金も20数億あるといいます。
一方で、この震災によって高橋さん自身も変わったと言います。
直接訪れてくれたボランティア、そして遠くからでも応援してくれた日本中、世界中の人々の力。その社会のチカラを肌で感じ、高橋徳治商店はこれからどこに向かおうと考えているのか。
東北で起きている変化やチャレンジは東京にいる私達が忘れている何か、あきらめている何かを再び感じ、自分も何かに対してこだわりを持ち取り組んでいこうと思えるヒントやきっかけに溢れていると思います。

まずは話を聞いてみましょう。
みなさん一人一人が再び何かを感じることから変わる何かあると思います。

ゲスト:高橋徳治商店 代表取締役社長 高橋 英雄 氏

・はじめに
・チェックイン&アイスブレイク(参加者同士で試食~自己紹介)
・高橋英雄さん講演
『その時何が起こったか、そして今現地では何が起きているか?』
・高橋さんを囲んでのQ&A
・チェックアウト

当日はNPO法人フードデザイナーズネットワークによる高橋徳治商店のおとうふあげ、えびしんじょうを使ったフードとドリンクをお出しします。

参加費:4,500円(フード、ドリンク代込)

 

☆メールで個別に申込みの場合は

event-info@escca.jp 宛てに

・お名前

・ご所属

・連絡先(メールアドレス)

・連絡先(電話番号)

 

をご記入の上送信してください。