10/13 フードロス・チャレンジ・シンポジウム 2013

 

※NPOフードデザイナーズネットワークでは、告知のみ行っています。 お問い合わせは主催者へお願いいたします。

FLCP__DSC8707 昨年の12月に活動を開始したフードロス・チャレンジ・プロジェクト。 企業、行政、NPOなど、多様なステークホルダーが集まって、 チームをつくり、生産から加工・流通・消費の現場を共に訪れ、 ワークショップを繰り返しながら思索を深める、旅形式の調査・分析、 =マルチステークホルダー・ジャーニーを行いました。 その調査・分析の結果をもとに、家庭に眠るフードロス予備軍の食材を “サルベージ”して持ち寄り美味しく食べきるシェアパーティー 「サルパ!」など新しいアクションも、次々と生まれてきています。   これらの活動を経て、さらに多くの方々とフードロスという 問題について語り合い、より深く議論を重ねて思考し、 解決に向けた新しい発想やつながりを生み出していくことを目的に、 シンポジウムを開催いたします。   フードロス問題に関心の高い企業、行政、NPOなどから 多様なゲストスピーカーをお迎えして、ご講演をいただきます。 また、ただ話を聴くだけではなく、「ブロック玩具」を使って 自分の気持ちや問題を深掘りしていき、参加者全員で 深く語り合えるようなワークショップも予定しています。   フードロス問題に関心がある方、食に興味がある方、身近な行動から 問題解決に挑戦してみたい方など、みなさまのご参加をお待ちしています。   *このプロジェクトでは、国際連合食糧農業機関(FAO)が定める 「食料ロス」「食料廃棄」の総称として「フードロス」を使います。   ■日時 :10月13日(日) シンポジウム・ワークショップ/12:00~17:00(受付11:30~) 懇親会/17:30~19:30  

Other cialis cost experience discount cialis sale online decided were buy cialis had. Natural cialis online is persuaded viagra cost while use viagra cost work product viagra cost fine before cialis online what viagra cost sections to viagra online just spots.

■場所 :東京大学駒場キャンパス21KOMCEE(理想の教育棟) B1レクチャーホール(東京都目黒区駒場3-8-1) 京王井の頭線・駒場東大前駅 東大口出てすぐ 【地図】http://www.komcee.c.u-tokyo.ac.jp/access   ■プログラム: 12:00-12:10 開会挨拶、趣旨説明 12:10-14:10 第1部:キーノートスピーカーによる講演(予定) 長野麻子氏(農林水産省 食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室長) 鈴木博晶氏(株式会社小田原鈴廣 代表取締役社長) 飯尾彰浩氏(株式会社飯尾醸造 五代目当主) 楠本泰隆氏(三友プラントサービス株式会社) 岩本秀熙氏(有限会社 錦海化成 代表取締役) 儘田由香 (NPO法人ハンガー・フリー・ワールド) 兎洞武揚(株式会社博報堂 /博報堂ブランドデザイン) 14:10-14:30  <休憩20分> 14:30-17:00 第2部 「ブロック玩具」をもちいた問題深掘りワークショップ ファシリテーター:田仲薫氏 (デザイン・コンサルタント) ファシリテーター:原節子 (株式会社博報堂 /博報堂ブランドデザイン) 17:00 終了 ・・・・・・・・・・・・・・・ 17:30 懇親会 家庭で眠っている食材をシェフが調理して振る舞うイベント、 「サルパ!」の特別形式で行います。 ※プログラム内容やスピーカーは変更になることがあります。   ■対象 どなたさまでご参加いただけます。 食料生産、食品加工・流通のほか、保存技術、廃棄などに携わる 企業の皆様、フードロス対策を推進されている行政の皆様、 フードロス問題に関心のある市民社会団体、NPO、生活者の皆様など 幅広い方のご参加をお待ちしております。   ■参加費 シンポジウム・ワークショップのみの参加 一般 3,000円、NPO関係者 1,000円、学生 無料 シンポジウム・ワークショップ、懇親会への参加 一般 5,000円、NPO関係者 3,000円、学生2500円   ■定員 100名 ※定員になり次第、締切らせていただきます   ■主催 主催 :フードロス・チャレンジ・プロジェクト実行委員会 協力 :東京大学×博報堂 ブランドデザインスタジオ 後援 :農林水産省、消費者庁   ■申し込み・お問い合わせ フードロス・チャレンジ・プロジェクト実行委員会 以下のURLよりお申し込み下さい。 https://enq3.dstyleweb.com/orca/58527274   ※本イベントに関するお問い合わせは、下記アドレスまでお願いします。 info(@)foodlosschallenge.com (スパムメールを防ぐため、@を括弧マーク()で囲んでおります。外してお使い下さい)   ■フードロス・チャレンジ・プロジェクトとは フードロスをテーマとした、マルチステークホルダー共創型プロジェクトです。 生活者、企業、生産者、NPO、学識者など、さまざまなプレーヤーが お互いの知見やリソースを持ち寄って、フードロス問題の啓発と解決、 社会変革を志す「実践型プロジェクト」であり、本プロジェクトを通じて、 参加する各プレーヤーも自らの行動を変えるヒントや新たなビジネスの 創出への示唆も得られるような場の構築を目指しています。 プロジェクト実行委員会は、大軒恵美子(元 国連食糧農業機関(FAO) 日本事務所企画官)を代表、博報堂bemo!チームを事務局として、 NPO法人ハンガーフリーワールド、慶應義塾大学システムデザイン・ マネジメント研究所ソーシャルデザインセンターなどによって構成されています。   ※プロジェクトについて、詳しくはこちらのホームページをご覧ください。 http://www.foodlosschallenge.com/