2/22 食の文化シンポジウム2014 「料理すること」

※NPOフードデザイナーズネットワークでは、告知のみ行っています。
お問い合わせは主催者へお願いいたします

2014年02月22日(土) 13:30 ~ 17:00
2/22 食の文化シンポジウム2014 「料理すること」

 

テ ー マ 「料理すること」
募集人数 250名(申し込み先着順)
締め切り 2014年1月31日(金)
参加費用 無料(事前申し込要)
会  場 コクヨホール JR・京急 品川駅下車 港南口 徒歩5分(港南1-8-35)
主  催 公益財団法人 味の素食の文化センター
後  援 味の素株式会社

10月26日に予定しておりました「食の文化シンポジウムー料理すること」は台風の影響により開催を延期いたしました。参加をお申込みいただいた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたが、下記の通り2月22日(土)に開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

 

テーマ「料理すること」

生きるために人間は様々な工夫をこらして料理をつくり、食べてきた。社会の発展に伴って料理の技術もまた著しい進化を遂げたが、現代人の生活様式や多様な価値観は「料理すること」にも大きな影響を及ぼしてきた。本シンポジウムでは、料理することの意義やモチベーションが時代とともにどのように変容してきたかに焦点をあて、それを産む背景となった社会と人間の関係を今一度考えたい。
基調講演1
「料理すること」 伏木亨氏(京都大学大学院農学研究科教授)
パネルディスカッション
コーディネーター:森枝卓士氏(フォトジャーナリスト)
パネリスト:川崎寛也氏(味の素㈱ イノベーション研究所研究員)
      関野吉晴氏(武蔵野美術大学教授、探検家、医師)
      伏木亨氏(京都大学大学院農学研究科教授)
      村瀬敬子氏(佛教大学社会学部准教授)