10/18(土) ごはんの学校 無料体験ミニワークショップ開催のお知らせ!

gohan

 

NPO法人フードデザイナーズネットワークでは告知のみを行っております。

お問い合わせは主催者にお願いいたします。

 

gohan1

gohan2

 

「食の背景が見えた時、初めて“新しい”の意味と役割が見える」

つくる人と食べる人の間に立ち、日本の新しい食のビジョンをかたちづくってきた、

フードディレクター・奥村文絵が主宰する「ごはんの学校」。

ごはんの学校ではフードディレクションのステップに沿って、課題の発見から企画、提案までの流れを実践することで、新しい食のビジョンをかたちづくる方法を学びます。

そのごはんの学校が、11月より始まる秋期コースに向けて、無料体験ミニワークショップを開催いたします。フードディレクター•奥村文絵が講師を務め、ごはんの学校の授業を体験して頂きます。ごはんの学校って何?どんなことをするのか知りたい!そんな方はぜひこの機会にお気軽にご参加ください。

 

日時:2014年10月18日(土)11:00〜12:00

場所:東京都中央区入船2-7-1 コイズミビル2F

(東京メトロ日比谷線八丁堀駅 徒歩4分/有楽町線新富町 徒歩5分)

http://blog.foodelco.com/images/map_Foodelco.png

参加費:無料

お申し込み方法:ワークショップ参加の旨と氏名、お電話番号をご明記の上、gakkou@foodelco.com 迄メールをお送り下さい。

また平日9:00〜18:00でお電話でのお申し込みも受け付けております。

申込み〆切:10月17日(金)12:00

 

講師紹介:奥村 文絵(フードディレクター)

okumurasan

 

2008年、食を専門とするクリエイティブディレクションファーム「Foodelco inc.(フーデリコ)」を設立。食べる人」と「つくる人」の橋渡し役として、日本の食文化に根ざした商品開発からブランディングまでを多く手掛ける。

主な仕事に「榮太樓總本鋪」デザインディレクション、「800 for eats」ブランドディレクション、山形県飽海郡遊佐町、山梨県韮崎市の地域特産物開発など。

「テマヒマ展<東北の食と住>」、及び「コメ展」(21_21 DESIGN SIGHT開催)では企画協力を行う。

著書に「地域の『おいしい』をつくるフードディレクションという仕事」(青幻舎)。

→ごはんの学校 2014年度の詳細はhttp://blog.foodelco.com/?cid=5743をご参照下さい。

 

お問合せ:ごはんの学校事務局/担当:四條

tel:03-6280-4733  mail:gakkou@foodelco.com