7/25 東北食べる通信・車座第41回座談会@湘南

10411755_979636908735348_1366291130186966355_n

東北食べる通信・高橋博之編集長と「食」を切り口に「私たちの社会」について語り合う車座座談会を食とものづくりスタジオFERMENTで開催します!

【座談会の概要】
日時:7月25日(土)13:15〜14:45
場所:食とものづくりスタジオ ファーメント
会費: 1000円

【当日のタイムテーブル】
13:00 開場~受付
13:15 はじめに趣旨説明など
13:20 高橋編集長からメッセージ(約25分)
13:45 参加者みんなで語り合う(約55分)
14:45 おしまい

【申込み方法】
FACEBOOK
https://www.facebook.com/events/786036124844119/

MAIL
info*fooddesigners.net(*を@に変換して送信してください。)

【お問合せ先】taberu.me.kurumaza*gmail.com(*を@に変換して送信してください。)
※尚、高橋博之編集長へのダイレクトメッセージによる座談会のお問合せは、極力ご遠慮願います。
(NPO法人東北開墾事務局より)

【参加対象要件】
①全国食べる通信読者/生産者
②CSA会員
③食べる通信を取材検討中の方
④食べる通信&CSA立ち上げ検討中の方
⑤座談会会場提供者、協力者
⑥一般の方
※初参加の方、大歓迎です!!!

【定員】15名

【今回の会場】
食とものづくりスタジオ ファーメント
住所:神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目21番1 FujisawaSST SQUARE 1F
※ 湘南T-site の3号館です
※当日は藤沢駅からシャトルバスが30分に1本出ています

http://real.tsite.jp/shonan/access/

【東北開墾・東北食べる通信について】
2013年夏「世なおしは、食なおし」の合言葉の下、NPO法人東北開墾は食べもの付きの情報誌「東北食べる通信」を創刊しました。東北の生産者をクローズアップし特集した冊子とともに、彼らが収穫した食べものをセットで購読者に届け、さらにSNSやイベントなどを通じて、生産者と消費者(読者)の豊かな関係性を育んでいます。

この取り組みは、創刊以来広く注目され、「日本食べる通信リーグ」として全国へ波及しています。現在四国、東松島、神奈川、高校生が伝えるふくしま食べる通信、加賀能登、などなど全国12ヶ所の地域で創刊されています。今後創刊予定の地域は30ヶ所以上。そして今年7月には初!漁協による『綾里食べる通信』が創刊予定です!(7月は準備号になり、創刊号は9月を予定しています。お楽しみに)

【東北開墾のCSAについて】
また東北開墾は、生産者と消費者がより豊かにつながる「東北開墾のCSA」にも力を入れています。「東北開墾のCSA」とは、自分が選んだ食べもののつくり手と交流しながら、食べものを作る楽しさや苦労、収穫の喜びを分かちあうコミュニティサービスのことです。食でつながり、つくり手とふれあい、もうひとつの「ふるさと」が生まれる。東北開墾はそんな「ふるさとづくり」を進めていきます。

【車座の様子がムービーで♬】
車座座談会28回目の様子が動画になっています!
ご参考までにご覧下さい。

【車座座談会専用facebookグループページ】
SNS版車座コミュニティーページです。
主に開催情報などを、掲載しています。
こちらの方も参加リクエストお待ちしています。
https://www.facebook.com/groups/838323556199651/

【主催】NPO法人東北開墾

【参考リンク】
・東北食べる通信を始めた理由(大量消費カルチャーを乗り越える)

・TED×Tohoku2014での高橋博之編集長のプレゼン

・NPO法人東北開墾のコンセプト
http://kaikon.jp/concept.html
・東北食べる通信について
http://taberu.me/tohoku/about/
・東北開墾のCSAについて
http://taberu.me/tohoku/csa/
・NPO法人東北開墾FBページ
https://www.facebook.com/tohokukaikon?fref=ts
・日本食べる通信リーグFBページ
https://www.facebook.com/taberuleague?fref=ts