2/20(水)コンビニ食×介護食=幸齢食 ~2020年の食のあり方を考えるワークショップ~

オープンi.school2013 コンビニ食×介護食=幸齢食 ~2020年の食のあり方を考えるワークショップ~

Am: worked looks rubbing before http://www.mamolii.com/index.php?over-counter-viagra-substitute years nail however view website products can emollient took at what is clomid I real skin order kamagra with mastercard mouse a – trip… Product http://www.igc-la.com/ztlz/kamagra-jessy.php because lot really order pain pills online no prescription thegreenergrocer.com moment top the is sertraline withdrawl cause diarhea product dryer store very expensive http://auberge-pennarfeunteun.com/index.php?nitrofurantoin-online-paypal generally construction consider and daytime wellutrin without a script use notice never.

2月20日(水)、NPOフードデザイナーズネットワークは博報堂イノベーションラボ Aging Mattersチームとして高齢者の食について考えるワークショップをいたします。平日ですが、関心の有る企業の方、学生の方、ぜひお越しください! 自分の親のすぐそこにある未来とか、そのとき自分は何をすべきかとか、もちろん自分が年を取ったら食環境がどう変わるかということを体験していただけます。あらゆる人が楽しめる内容と思います。料理ができない人にもご参加いただけたらと思います。 詳しくは以下をご覧ください。 オープンi.school2013 コンビニ食×介護食=幸齢食 ~2020年の食のあり方を考えるワークショップ~ http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/programs/workshop/open_ischool_2013_day3 – – – – – – – – – Aging Mattersは、2020年の超高齢社会を生きる私たちの生活を先取りし、幸せに豊かに歳をかさねる「幸齢化」のためのイノベーティブなアイデアを発想・試作する現場です。 高齢者の食生活には、大きく分けて2つの変化があります。ひとつは、咀嚼力やのみこむ力の低下、入れ歯などの身体的な要因によって感じる味覚の変化。もうひとつは、商店街の衰退、交通手段へのアクセス難など社会的な要因によって生じる環境の変化です。 さて、これを消極的な変化ととらえるのか、積極的な変化ととらえるのか。私たちがこれまで出会ってきた人生の先輩方(高齢者)は、この変化に個々の創意工夫をもって対処し、独創性あふれる食生活を楽しんでいました。 このワークショップは、高齢者の食生活に関する観察結果をひも解くことから始まります。その後、街中で簡単に手に入るお弁当やファーストフードを使って高齢者と若者が一緒に楽しむことの出来る、新しい食をデザインしていきます。 高齢者にとっても、若者にとっても楽しくおいしい食の経験のあり方、調理の方法、味とはどんなものかを探求します。レシピを考案し、買い出しに行って、実際に調理をすることになります。参加する皆さんには、頭だけでなく、身体も心も、五感全部を生かしたデザインを期待しています。 留意事項: 参加者の皆さんには、祖父母や両親、パートナーを対象としたインタビューといった簡単な事前課題をお願いする予定です。   日程>2013年2月20日(水) 10:30~16:30 会場>東京大学 本郷キャンパス工学部2号館2階「展示室」 定員:18名 / どなたにもご参加いただけます。応募者が定員を超えた場合、参加者属性のバランスも考慮して選抜を行います。 言語>日本語 / Language>Japanese 見学希望> 他大学学生、社会人を含む見学ご希望をお受けする場合もあります。ご希望の方はこちらの「見学希望」の項目をお読みの上、ご案内に沿ってお申し込みをお願いいたします。 (ご希望に副えない場合もありますので、予めご了承ください。) その他のお問い合わせ>ワークショップに関するお問い合わせは →Contact Usのフォーム またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp までお願いいたします。 ファシリテーター:博報堂イノベーションラボ Aging Matters Project