1/23 あたらしいフード会議 京都 vol.2

1505308_615058701882206_74338568_n
あたらしい食って、そもそもどんなモノ?コト?

様々な職種、地域、見方から、食の新しい動きを生み出しているゲストを囲んで、あたらしい食のアイデアを温めて行動に移すための連続トークセッションです。

第2回のテーマは「いま、守るべきものと、挑戦すべきこと」。
京都の外からの視点を生かしてあたらしい和菓子のあり方や可能性に挑戦している「日菓」、創業130年の老舗の飴卸今西製菓のあたらしいブランド「クロッシェ」等京都の伝統と現代を融合した食の空間を手がける「景アート」の取組みについてお話を伺います。貴重な歴史文化を大事にする一方で、新しさに常に挑戦し続けている京都の食の世界において、京菓子の担い手と食空間の担い手が捉える受け継ぐべき価値とあたらしい価値とどんなことなのか。今の京都にどんなモノ・コトをわたしたちは生み出していけばいいのか、わたしたちができるこれからについて探ります。

【日時】
2014年1月23日(木)18:30〜21:00(18:00開場)

【定員】
40名

【参加費】
一般:2000円
学生:1500円
※ゲストに関するお菓子等の軽食付き!

【場所】
Jimkino-Ueda bldg. 地下1階
〒600-8191京都市下京区五条高倉角堺町21番地
アクセス: http://www.ueda-h.co.jp/corporate/company/003.html

【申込み】
下記のフォームよりお申し込みください。
http://goo.gl/GSTxYt

【ゲスト】
日菓 / 杉山 早陽子 氏、内田 美奈子 氏
http://www.nikkakyoto.com/
2006年8月、生まれた場所も、育った場所も、京都ではない2人が京菓子に
魅了され、京菓子を通じて出会い、「『曲げわっぱをリネンで包んだような』
和菓子を作りたい!」と、二人の意見が合って、和菓子作りの“日菓”が
誕生。現在は、イベントでの出店や、展覧会に向けて、ゆるやかに活動中。

景アート/小笠原哲 氏、栗山文孝 氏
物づくりの世界で日本を京都が支えその京都の歴史ある物づくりを継承しつつ100年後に続く新たな伝統産業を確立できるよう活動をしているグループ。職種の異なる10名のメンバー同士で触発されあいながらコラボレーションすることで高めあい新しい物づくりを模索、展示会や様々な活動を開催する。

栗山 文孝(くりやま ふみたか)さん
家具屋 / 有限会社 knot 代表取締役
http://knot-fp.co.jp/
1972年4月6日 京都市生まれ。
2001年 有限会社 knot 設立
2008年~京都芸術デザイン専門学校 非常勤講師

元々はイラストレーションをしたいと思っておりましたが、よりカタチになる物づくりに惹かれ家具職人になるべく株式会社グリーンゲイブルスへ入社。後に自身のコンセプトで家具造りを行う為、knotを設立。現在の住まいは住むことがメインであり暮らすことが軽視されていると考えております。インテリアや家具はまさに豊かに暮らす為の要素であり特に家具は生活における重要な道具です。例えばグラスを選び食器を探し壁にはアートを選ぶその全ての作業が暮らしに溶け込み、その全てを楽しめるような心のゆとりのあるそんな生活の一端としてオーダーで家具を提案できればと思っております。日本には日本に合った環境や生活様式があります。現代ではその洋式は崩れ、まだ模索をしている段階だと思っております。家具造りで資源である木材を使う以上、無駄のないものづくりを心がけ現代に合った新しい日本の生活様式を確立できるよう景アートで活動してゆきたいと思っております。

小笠原 哲(おがさはら さとる)さん
植木屋 / 株式会社みちくさ 代表取締役
http://michikusa.cc/
1974年6月29日 京都市生まれ。
1993年 京都楓雅舎 入社
2005年 株式会社みちくさ 設立
31歳の時なぜ?人は庭を造り始めたのかが疑問になり、株式会社みちくさ設立し悩みながら今に至っております。主に考えてい
ることは造園業で得た技術・知識・経験を生かし、日常生活に植物と人が身近に育ちあい接していける工夫を提案、好奇心や想い出を実感できる環境や商品を提供・提案すること、造園業を生かし人を育てていくためのおもちゃを提案すること、人と植物
を中心に異業種・企業・町などとつながりながら開発・製造・施工を行う事を心がけ日々精進しております。つまり植木屋で学
んだ事と思い出・好奇心・お節介を使いながら、自然を取り入れ人が人らしく活きていけるモノ造りをしていきたいです。
景アートでは主に建築にまつわる様々な業種のメンバーと絡みあいながら植木屋というアプローチでより良い空間造りや物づく
りを行い、何よりも自分やそこに集まる全ての人が楽しめ笑顔になれることがが出来ればと思っております。

【進行】
桜井 肖典 氏
gift Inc.代表/クリエイティブ・ディレクター
http://giftinc.jp/
1977年茨城県生まれ。対話と恊働のデザインプロセスを用いて、2000年より京都を中心にスタートアップ企業及び教育機関から非営利団体まで様々なブランド開発及びデザインプロジェクトの企画と監修を重ねる。近年は、大きな社会の変化のなかで、ビジネスや地域をより創造的で持続可能なコミュニティとするために、オーガナイザーとして数々の事業開発の現場に参画。gift*Inc. 代表取締役、一般社団法人オープン・ガーデン 代表理事。

中山 晴奈 氏
NPO法人Food Designers Network 代表理事/フードデザイナー
http://fooddesigners.net/
1980年千葉県生まれ。筑波大学、東京藝術大学大学院を経て
コミュニティデザインのNPOや建築事務所に勤務。美術館や博物館で食を使ったコミュニケーションデザインや出張料理、ワークショップなどを行う。長崎県対馬市や宮崎県の山間地域、福島県喜多方市や飯館村
などの地域支援の現場にも関わる。NPO法人フードデザイナーズネットワークを創設、代表理事。慶應義塾大学SFC研究所上席研究員(訪問)

【主催】
京果会館リノベーションプロジェクト
http://www.kyoka-kaikan.jp/

【共催】
NPO法人Food Designers Network
gift Inc.